2018年度 日本における災害被害

2018年度はたくさんの災害に見舞われました。

2018年度で注目すべき点は夏の記録的な猛暑が続いたことで、猛暑自体も災害扱いとなっている点は非常に注目すべき点でした。

それ以外にも様々な災害が起きましたので、列挙させていただきます。

1月〜3月…各地で豪雪被害、東京でも積雪し帰宅困難者や混乱相次ぐ
1月末…群馬県 本白根山噴火
3月頭…西表島付近地震(震度5弱)
3月頭…鹿児島県 霧島山(新燃岳)噴火
4月頭…島根西部地震(震度5強)
4月上旬…大分県 土砂崩れ
4月半ば…北海道根室沖地震(震度5弱)
4月半ば…鹿児島県 霧島山(えびの高原付近)噴火
5月半ば…長野北部地震(震度5強、震度5弱)
6月半ば…群馬南部地震(震度5弱)
6月半ば…大阪北部地震(震度6弱)
7月頭…西日本豪雨災害、堤防決壊による浸水被害多数
7月頭…千葉県東方沖地震(震度5弱)
7月半ば…連日40度越えの酷暑、最高気温41.1℃で記録更新、各地で熱中症多数
7月末…迷走台風12号、東から西へ日本横断
8月末…台風20号被害
9月頭…台風21号被害、阪神直撃し関空水没他被害多数
9月頭 … 北海道胆振東部地震(震度7、震度5弱)
9月末 … 台風24号被害、中部では119万戸の大規模停電発生
10月頭 … 北海道胆振東部地震 余震(震度5弱)
12月中旬 … 口永良部島 噴火

関連記事

ページ上部へ戻る