三井ホーム「プレミアム・モノコック構法」の実力

三井ホームさんのイベントに参加したから三井ホームを推していると思われるかもしれないですが、単純にNo.1の実力という実証の元、こちらのプレミアムモノコック構法を紹介させていただきます。画像や情報など三井ホームさんから参照させていただいております。


初めの画像にあるように、震度7に60回耐えた家というのは数あるメーカーの中で1番です。ほかの会社は60回まで実験を行っていないのが事実です。ではプレミアムモノコック構法とは一体何なのかご説明いたします。

 

三井ホームではモノコック構造に加えて、屋根・外壁・基礎が独自技術で支えることで、さらに強度を上げています。それぞれの特徴は下の画像に記載されています。

 


こちらも分かりやすいのでぜひご覧ください。(2:56)


なんか画像だけの記事になってしまいましたが、三井ホームさんはハウスメーカーで唯一災害調査報告書を国に提出しています。過去起きた大きな災害で、どのような被害があったかを技術チームと一緒に現地に赴き、全棟調査を行います。その調査報告書が優れているため、大学や専門機関で教材として利用されることもあります。防災の観点ではやはり壊れない家というものが安心で、その災害後も住み続けられる家を提唱しています。やはり地震に備えるためには頑丈な家という目線が非常に重要だと思いました。

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る