さすが西野亮廣さん!「株式会社ニシノコンサル」での消火器普及のアイデアが素晴らしい!

AbemaTVの『株式会社ニシノコンサル』で放送された、「住宅用消火器をどうすれば買ってくれるのか」という相談の内容が素晴らしかったのでご紹介いたします。

まずは、ご相談されていた企業様も素晴らしいです。 今回の相談者は、消火器・消火設備の開発・製造・販売を行うモリタ宮田工業株式会社。同社は明治40年に創業し、大正6年には国内初の消防ポンプ車を製造したモリタ防災テックと、明治23年に創業し、昭和27年には国内初の粉末式消火器を開発した宮田工業が合併する形で生まれたという。 その会社が生みだしたオシャレな消火器がこちら↓

めちゃくちゃ良いです。これは欲しいと単純に思ってしまいました。防災意識が高い方は初期消火の重要性は十分知っていますが、なかなか一般家庭に消火器が導入される機会が少ないということで、今回のご相談が始まっております。

西野が薦めたのは“ギフト”としての展開だ。「これがギフトだったら、1年のうちに1人が10個買うことだって可能」と「自分用」として消火器を買うのではなく、大切な人の命を守るためのギフトとして売り出すことを薦めた。

このアイデアが非常に素晴らしいです。さすが西野さんです。そもそも防災意識とは楽観バイアスの上に成り立っているので、なかなか意識はしていても行動できないのが人間なのです。

しかし誰か大切なひとのために贈るという戦略こそが防災を高める手段だと思います。このアイデアを聞いてすぐに実践している モリタ宮田工業株式会社 さんも素晴らしいです。
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/696

ぜひみんなが消火器を贈る文化を創って頂きたいですし、私たちもその一端を担えるようにたくさんの情報を発信していきたいと思います。

ぜひみんなで応援していきましょう!
https://www.maffs.jp/

関連記事

ページ上部へ戻る