皆が認めた防災グッズ「サランラップ」

今回はあったら便利「防災グッズ」シリーズでサランラップをご紹介いたします。このサランラップですが、防災グッズとして意識することはありませんでしたが、色々調べてみると、防災関連の動画や雑誌には必ずおススメしているグッズで、さらに被災者の声でもたびたびご紹介されている実力品なのです。


一体どんな使い方をするの?

□ お皿に巻いて、お皿の使い回しが可能

そもそも避難所生活では水のインフラが復旧していないため、お皿を一度使用すると、2回目が汚れたままになってしまうことが起きてしまいます。そんな時にお皿にサランラップを巻いて、サランラップの上に食事を乗せることで、使い終わったら、捨ててを繰り返すことができるので、非常に便利だそうです。

 

□ けがの応急処置

これも以外だったのですが、サランラップは丈夫ですので、けがをした際に包帯の代わりにもなります。また骨折などの際には添え木を入れてラップで撒くことで骨折個所の固定も可能です。バンドエイドがない時には、ティッシュとサランラップで簡易バンドエイドも完成です。体に巻くことで防寒にも役立てることができます!

 

□ ロープの代用品として

ほかにもサランラップをくるくるに伸ばして三つ網をすることでロープの役割を果たすこともできます!このように防災グッズとして非常に優れモノなサランラップはぜひ準備しておくと便利です。

 

関連記事

ページ上部へ戻る